じじのつぶやき

  • img_nishikawa
  • 新しい生命の誕生は、新しい親を生み出します。 親と子の生きる力と生かす力が発揮できる環境を創り出す。それこそが保育園の役割と考えています。

「落ち着きはどこから」

保育室で大きな声が聞こえず、落ち着いているのがわかくさ保育園の特色といえるように努めています。園庭では元気で大きな声も聞こえますが、室内では、子どもも大人もほとんど普通の会話のボリュームで用は足ります。

 

 どこでも子どもが集まっていればにぎやかなのが普通です。その集団を大人が静かにさせようとすると大きな声が必要になります。多くの保育園や幼稚園では、子どもの意思とは無関係に保育士が準備したプログラムに従わせようとするため、大人も子どもに負けじと大きな声を出し、やかましくなるのです。

 

 子どもを教育するには言葉を通して教え導くものというのが常識でした。大人の話を子どもたちに聞いてもらうことがどうしても必要になります。そのため、言葉が未熟な乳幼児、特に3歳未満児にはまだその手段が有効に働かないので、教育の対象にはならないという考え方があります。保育園で預かるお子さんの半数はその年頃のお子さんです。しかしわかくさ保育園では、言葉が理解できる前からでも伝え手の思いを感じとり受け止める能力はあり、子ども自身の中に、環境との関わりを通して自分で育つ力を備えていると考えています。まだ言葉が使えない乳幼児期こそ、周囲の物的、人的な環境の刺激や関わりが重要な意味を持つのです。

 

 特に大事なのが自発的に集中して遊ぶことです。そのための物的な環境として、園では「お仕事」と呼んで様々な教具教材を準備しています。子どもたちが失業しないような援助をするのが保育士の重要な役目なのです。

 

 活動に集中している子は静かで落ち着いています。落ち着きと静かさは集中して「お仕事」ができているかどううかの重要な判断基準になります。

 

 人的な環境として整えているのは、クラスで異年齢児と関われることです。子ども同士が刺激し合い学び合うので、自発的な活動が促される大切な環境となっています。そこには大人の指示命令の声はほとんど聞こえません。このような環境で育った子は、自分で考えて行動するようになり、自己肯定感もしっかりと育ちます。

 

 大人が世話を焼きすぎると依存心が強くなり、自分に自信が持ちにくい子になります。大人はなるべく子どもに任せ、指示命令や禁止の言葉は避けるようにし、そのかわりに勇気づけ、励ましとなる言葉がけをしてあげましょう。

「平和はどこから?」                   

 

 

 民主主義では物事の正否を決めるのに多数決という方法が用いられます。今年は人間社会の行方にかかわる大きな政治決戦がイギリスとアメリカで行われました。どちらも大接戦でしかも両方とも大方の予想とは反対の結果となりました。どんな社会になれば自分たちは幸せになれるか、真剣に考えて投票したはずです。色々な情報もすぐに手に入る時代なのですが意見がまとまりません。しかも真っ二つに分かれるのです。これが多様化の時代の特色なのかもしれません。いずれにせよ、平和に生きていける社会であって欲しいというのが、誰もが願う共通の願いだろうと思います。なぜまとまらないのでしょうか。しかも、世界の情勢を見ると決して平和で安心のできる状況ではありません。

 

 日本に限っていえば、比較的恵まれているといってもよいでしょう。とはいえ、世界中が複雑につながっているため、地球上のどこかの国で発生した事件が、突然我が国までも激しく押し寄せてくることも予想されます。

 

 このように激しく動き、変化の多い興味深い時代に私たちは生きています。激流から一歩抜け出して時代を見物するような余裕を持ちたいものです。

 

 社会は不安定であっても人の「こころ」の基本となる感性と「からだ」の育ちの原理は一貫して変わりません。人は誰でも幸せになりたいのです。そのためにはお金が必要だと考えてしまいがちです。

 

 お金や物があっても真の幸せは得られないことは歴史が示していますし、現実の社会を見てもわかるはずです。しかしその教訓に学ばず、性懲りもなく貪欲にお金を稼ごうとする活動が、そのまま平和を乱す原因となっています。

 

 不和のもう一つの要因は、人と人との間に存在する様々な不信感です。お金は思うようになりませんが、人間関係は自分の努力次第で変えることができます。そこに希望があるからこそ、努力できるのではないでしょうか。周囲の人を大切にし、助け合える良好な関係を築くようにしましょう。家族や隣人と信頼関係が築ける子どもが育つように努めていきましょう。

 

 

 

「落とし物が戻る国」

   落とした財布が手もとに戻ってくることは、わが国では珍しいことではありません。しかし世界では、そのようなことはほとんどないそうです。失くした人が悪いという考えが常識のようです。だれでも気軽に外国へ行けるこの頃ですから、そんなことは皆さんご存知の事でしょう。今更なぜ話題にするのかというと、人が平和に生きるための基本となる道徳基準に関係している重要なことだと思ったからです。

 

 失くした人への思いやり、所有権の尊重等、道徳上の基本に関係しています。

 

 そして、世界中で道徳水準の低下が心配されています。経済優先の社会による犯罪の多発、治安や社会秩序の乱れによるテロや戦争等、社会の不安が高まっている気配は否定しがたいものがあります。

 

 その中で今でも落とした財布が返ってくる国がある。それは素晴らしいことです。それを実現させている原因はどこにあるのでしょうか。ささやかな私たち一人ひとりの伝統的な倫理観である、人を大切にする「思いやりの心」に源があるのではないでしょうか。その積み重ねが国民性となって今でも守られ、受け継がれているのです。そして親がしているのを見て子どももするのです。

 

 生活に必要な物やお金はなければ困りますが、どれほどあればよいかはきりがないものです。日ごろから質素な生活を心がけて助け合い、欲しがらない心を大切にしたいものです。商業主義の宣伝や、何でも利己的な自由を容認したがる今日的な風潮には気を付けましょう。

 

 何が正しいか、簡単には判断できないことが多くなっています。金銭的には、うまそうな話には乗らないことです。人間関係の事では、必ず相手の気持ちになって考えてみましょう。謙虚な気持ちで正解を求めれば、難しい問題でも先輩たちが経験し、答えを出していることが多いものです。スマホで調べるのもよいですし、信頼できる人に訊いてみるのもよいでしょう。いずれにせよ、感情的に行動することは慎んで、思いやりの心を忘れないようにしましょう。

「わかくさ保育園の保育」

今年度の慣らし保育もそろそろ終盤を迎え、子どもたちの泣き声も少なくなってきました。ここはもう一つの自分の家として、子どもたちは認めてくれたのでしょうか。それぞれのお子さんが備えている望ましい可能性を、十分に発揮してもらうための手助けとなる保育ができればと願っております。

 

基本理念

 

ひとりひとり、すべての子どもがその子なりに、最善の成長、発達を遂げるよう、常に最も望ましい質の高い援助の提供を目指す。

 

わかくさの保育理念

 

わかくさの保育は人的、物的環境を利用し、子どもの潜在的能力を自ら発揮できるようひとりひとりに合せて援助するものである。

 

保育目標

 

                                                               1・のびのびと元気よく友だちと遊べる子ども

 

                                                               2・自分の事は自分でできる子ども

 

                                                              .・考える子ども

 

                                                               4・思いやりのある子ども

 

保育方法

 

自主的個別保育 子どもの自発的意思を尊重し選択の自由を保障する。潜在的な能力を引き出せる様々な活動個       別もしくは小グループで取り組める整った環境を保障する。ひとりひとりの子どもに応じた援助を保障する。

 

たて割り保育  異年齢児クラスで生活する・異年齢の人的環境により社会性を培う・異年齢の人的環境の影響を受け言語・知的探究心を獲得する・ひとりひとりの発達に応じて随時進級を考え対応する

 

個別支援保育  リソースルームひまわりを利用して、心身の障がいの有無に関わらず、集団生活では保障しきれない個別的な発達支援を保証する

 

*今回はわかくさの保育についてお知らせします。

「子は宝」

 

 新しい年度が始まりました。62年前の開園式に立ち会った私が、今もお子さんと付き合わせていただけるなど考えもしなかったことです。

 

 長い人生で様々なことを経験し、学ぶことができました。いろいろな人の人生も見ることもできました。幸せな人生について、今も学ばせていただいています。その中で、人間だけが備えている自由意志の用い方が幸せに関係しているようです。

 

 「子どもは、神様からの授かりもの」と、よくいわれますが、私は「子どもは神様からお預かりした貴重な宝物と思いましょう」と、常に保護者や職員に伝えてきました。授かったものは自分のものです。自分のものなら自分の自由意志で育てても良いことになります。しかし、お預かりしたものであればそうはいきません。預け主の意志を尊重しなければなりません。幼いとはいえ、子ども自身にもその子の大切な個性も意志もあります。預け主の意志も子どもの意志も尊重しながら行う子育ては人生の大事業です。

 

 わが国では「少子化」が社会的な大問題になっていますが、その原因は「非婚化」「晩婚化」にあります。そんな中にあって、配偶者に恵まれ、しかも子どもにも恵まれたことは大きな幸せではないでしょうか。

 

 いつもは神様とは親しくしていない人でも、出産という命がけの経験をし、日々懸命に生き、成長する小さなわが子を見るとき、神を身近に感じたり、思わず祈ったりしたことがあるのではないでしょうか。

 

 子どもは「生命」の尊さを再確認させてくれ、人生に喜びを与えてくれる宝物なのです。預け主から子育ての大役を任された親として、子どもの幸せのために最善を尽くしましょう。

 

 

 

2 / 212
Top