じじのつぶやき

「わかくさ保育園の保育」

今年度の慣らし保育もそろそろ終盤を迎え、子どもたちの泣き声も少なくなってきました。ここはもう一つの自分の家として、子どもたちは認めてくれたのでしょうか。それぞれのお子さんが備えている望ましい可能性を、十分に発揮してもらうための手助けとなる保育ができればと願っております。

 

基本理念

 

ひとりひとり、すべての子どもがその子なりに、最善の成長、発達を遂げるよう、常に最も望ましい質の高い援助の提供を目指す。

 

わかくさの保育理念

 

わかくさの保育は人的、物的環境を利用し、子どもの潜在的能力を自ら発揮できるようひとりひとりに合せて援助するものである。

 

保育目標

 

                                                               1・のびのびと元気よく友だちと遊べる子ども

 

                                                               2・自分の事は自分でできる子ども

 

                                                              .・考える子ども

 

                                                               4・思いやりのある子ども

 

保育方法

 

自主的個別保育 子どもの自発的意思を尊重し選択の自由を保障する。潜在的な能力を引き出せる様々な活動個       別もしくは小グループで取り組める整った環境を保障する。ひとりひとりの子どもに応じた援助を保障する。

 

たて割り保育  異年齢児クラスで生活する・異年齢の人的環境により社会性を培う・異年齢の人的環境の影響を受け言語・知的探究心を獲得する・ひとりひとりの発達に応じて随時進級を考え対応する

 

個別支援保育  リソースルームひまわりを利用して、心身の障がいの有無に関わらず、集団生活では保障しきれない個別的な発達支援を保証する

 

*今回はわかくさの保育についてお知らせします。

Top